End Loop Henka

2019

Not On Label ‎– none

Cassette

Limited to 100 copies.

Total Time:20

ライナーノーツ抜粋​

小村のサブトラクト・ペインティングは「Less is more - 少ない事は豊かである」という単純な考えであると言える。それはシンプルさという事。彼は自分の作品を「脆弱性、無情感、不完全性を表現する試み」としている。エンドループはこれらの概念にきちんと適合している。

非常に壊れやすいエンドループの音たちは、動機も方向性もなく一つの譜面の上に浮かんで、音の起源も不明だ。始めから死にゆくその音たちは、常に消えつつあり、常に消えるために再び生まれ変わってゆく……いわゆる画家、いわゆるアーティスト、いわゆる作曲家は、殆ど介入せず、ほんの少しだけ触れるだけ……これは不完全な作曲と呼ばれるべきではないだろうか————

​2019年、ロバート・ミリス

Liner Notes Excerpt

Komura’s Subtract paintings could be said to be about the simple idea that “less is more”. They are about simplicity. He has described his work as an “attempt to express fragility, impermanence and imperfection.” End Loop fits in neatly with these concepts.

 

They are very fragile sounds, they hover on one note without motivation or direction, their origins unknowable; they are dying as they are beginning, always fading, always being reborn to fade again…the hand of the artist-composer-sound-painter-person felt only gently…perhaps they should be called imperfect compositions————

2019, Robert Millis

© All rights reserved
*FOR PROMOTIONAL USE ONLY, DO NOT SHARE

情報、画像、音声等を、権利者の許可無く複製、転用、販売などの二次利用することを固く禁じます。